Arti【】Gate

ARTICLE PAGE

炉リン融解作成講座:1

WF2013冬での炉リン展示会に向けて、簡単な作成講座をさせていただこうと思います。
あくまで初めて作る方向けですので、上級者の皆様にはまったくためにならない講座になりますのでご了承ください~。そもそも私がまだ初心者のレベルなので突っ込みは抑えてください(ガクブル

第1回の今日は下準備と必要なものをご紹介します。

リンver2←完成図

ちなみに大人の事情により台座とギターの作成ははぶかせていただきます・・・(汗)
本体のみの作成になりますのでご了承くださいー。

とゆーことでまずはパーツチェックをお願いします。
パーツリスト←ギターと台座抜いてます

さてこちらをまずは歯ブラシに歯磨き粉・・ではなくて食器用洗剤(我が家だとジョイくん)をつけて全体的にゴシゴシみがいてあげてください。
(洗面所が撮影できるかんじじゃないので写真は省きます・・・)
これがいわゆる離型剤落としという作業です。
これをやっておかないと後々塗装がはがれてくるという恐ろしい事態に陥ります・・・!
ちなみに100均で売ってる粉ふるいにいれながらやるとパーツなくなる心配なくていいですよっ。

これで洗剤を流せば下準備終了です!


さてここからは工具紹介ー。
工具←クリックして大きい写真を見てください

写真のものと、瞬間接着剤、紙やすり、0.8mmの真鍮線があれば組み立ての用意はばっちりです。たぶん。
あ、今回は2mmのピンバイスは使いませんー。(後で気付いた)
ちなみにこれだけあればオリジナルフィギュア(いわゆる原型)を作ることも可能ですよー。

使う用途は以下の通りです

ニッパー    →無駄な部分をおおまかに切り落とします
ピンバイス   →真鍮線を仕込むための穴を開けます
デザインナイフ →無駄な部分を細かく削ったりします
ラジオペンチ  →真鍮線を切ったり、ピンセットみたく使います
瞬間接着剤   →くっつけ放題
紙やすり    →今回は400番だけ使います
真鍮線     →パーツ同士をつなげます


では次回はついに作りはじめましょう!
スポンサーサイト
Category: 作成講座
Published on: Sat,  04 2012 00:41
  • Comment: 0
  • Trackback: 1

0 Comments

Post a comment